忍者ブログ

y-PeoPLe -ワイピープル-

Home > ブログ > 未選択 > “Mission visit.”任務は視察@秩父ミューズパーク・PICA秩父

“Mission visit.”任務は視察@秩父ミューズパーク・PICA秩父

※PCの音量注意

YZT(Yokoo Zaimoku Ten)のBusiness Promotion Department(事業推進部)は会社の事業を推進する為のあらゆる業務に従事している。

今回のブログはそんなBPDの特殊イベント企画要員である「ざっきー」が担当である。
〈ここまで来て説明の必要は無いと思われるが、今回のブログはミッション・インポッシブル気分で書いているので、実際の内容より拡張表現が多くなっていることをご了承いただきたい。〉


2015.3月 M.清水率いるBPDチームは昌江取締役より、ある任務を受ける。

9月に行われる「全体会議」を成功させよ。と
補足しておくと、上記メッセージは自動的に消滅はされていない。

9月の全体会議は例年、宿泊し会議に全社員でリクリエーションが行われるのが通例である。
その為、会場選びが重要な任務となってくることは言うまでもないであろう。

昌江取締役と我々BPDは水面下で着々とリサーチを重ねた。
その結果ターゲットとして浮上してきたのが「PICA秩父@ミューズパーク」である。

社員200人オーバーの宿泊と会議・さらには全員で行う大大BBQ大会 からの 二次会。
ここまでを一手に引受けてもらえる施設はPICA秩父以外には無いのである。

ターゲットとの接触は重要である。
まずは、ターゲットに警戒心を抱かせないため、優しい声の持ち主昌江取締役がTELにてファースト・コンタクトを試みる。

成功。

ターゲットは何の警戒心も抱かず、心優しく丁寧に対応をしてくれた。

が、ここで油断をしてしまうとミッションは成功しない。

慎重に次の段階では「見積り」である。
どんなミッションでも金額は最重要な課題であり、このやりとりが工作員の腕の見せ所ともいえる。

だが、今の段階では「概算見積り」である。
この重要なやりとりは最終局面で最大のドラマを迎えることは想像に難くない。

数字を見ると、、なんとか予算に合ってきそうな数字ではあるが・・・
んんーーー
最終局面でのドラマが楽しみであるとともに、大きな責任が肩にのしかかる。


次のフェイズはField survey(現地調査)である。

「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!」

という名言通り何をおいても現場は大事である。

ここで気をつけないとブログの表現が「踊る・・・」的になってしまうので自分を戒めつつ先に進みたい。

任務を成功させるには、行き当たりばったりではまず成功しないことは読者の誰でもが知っていることであろう。
事前のリサーチがどこまで密であるかが成功要因になる。


我々BPDに失敗は許されない。。。。

Field surveyの担当はざっきーに任命された。想像していたことではあるが、責任重大なミッションである。ここでミスを犯せば先は無いであろう。心強いのは昌江取締が同行してくれるということである。


ということで、ビジネスパーソンの武器とも言える「名刺」を内ポケットに忍ばせ、いざ現地へ!

ターゲットとの直接接触に否が応でも緊張は高まり手に汗がにじむが・・・・
昌江取締役の冷静で涼しい顔。。ひとかけらの緊張も感じられないのはさすがである。


ビジネスパーソンの通過儀礼である名刺交換も済ませ、ターゲットは優しく笑顔で施設の説明をしてくれる。
さすがである。戦術で重要なのは相手の油断を誘うことである。
が、ざっきー工作員もある程度の経験を積んでいる。笑顔ひとつで油断してしまうような工作員では、無い。

いざ、施設の見学である。
本日のブログはここからが本題なので、今までにないとてつもなく長い前フリになってしまったが、ミッションは続く。



いきなり当社の広告のような画像になってしまったが、、
この森が秩父のPICAの森である。

ざっきー工作員は広告も担当しているためこんな写真があるとついつい広告表現をしてみたくなってしまう。

素の画像はこちら。


これだけ木が多いと潜むには最適であるが、上からの攻撃には注意した方が良さそうである。
3次元の攻防が予想される現地である。


先に進んでみよう。






まず見えてきたのが、大大BBQの会場を予定している広場である。
広場にはモンゴルの「ゲル」を彷彿させるテントが並んでいる。



テント・・・この言葉にはどこか男ゴコロを浮き立たせてしまうものを秘めている。

おっと、浮かれている場合では無い・・・



テントと簡単には言ってはいけないようなしっかりした内部である。

このテントにも当日宿泊ができるということである。

装備が軽くフットワークの良い若手工作員がこのテントの宿泊には向いていると考える。
30年若ければざっきー工作員も是非このテントに泊まって見たかった。 
が、ここは若手に譲るという度量が必要であろう。


次はバンガローである。



木立の中に佇み、なんとも言えない風情である。

おぉ・・またしても現地の素敵さに心奪われてしまうところであった。

ミッションを成功させるための的確尚且つ冷静な現地視察を行わなければ・・


このバンガローには東屋が付いている。



よく見ると、、



ハンモック型ペアのチェアーが!

こんな素敵な場所で飲酒させ、このチェアーに座りいい気分になったところを、そのままグルグル巻で捕獲しようという作戦がミエミエではないか。

その手には乗らない。

YZT幹部に報告すべき最重要項目である。


次は室内。



清潔&木質感。そして機能性に優れた室内である。

夜間、万が一の場合でも出動が容易な部屋であろう。



ちゃんとシャワーブースも付いてます。



こちらは別のバンガローの室内。

変わらない清潔感。AC完備となっているので当日どんな気温であろうと体力を損失することのない温度管理ができる。



ここで工作員同士で語らう一時は素敵なひとときになるであろう。



続いて我々YZT社員が大好きである「お風呂」



綺麗!

廻りにはウッドデッキがまわされ、なんとオシャレ!


社長! サウナもあります!




そして全体会議と二次会を行うホール。



どこも、とても清潔感がる素晴らしい施設である。

ターゲットのスタッフも、とても良い人ばかり。
冷静になおかつ客観的に分析した結果我々YZTに戦闘意欲は持っていないようである。

今回は施設の利用だけにとどめ、特殊工作の必要は無いと判断する。
施設のスタッフの方には「お世話」になることが最善であろう。


ただ気がかりなのは、YZT社員がお酒を飲み過ぎてしまった時である。。

この時ばかりは我々BPD(事業推進部)の手には負えないばかりか、秩父に数々の〈レジェンド〉を残してしまう可能性さえある。



その時は各方面に心から謝罪をしよう。
我々BPDは「後始末」と「謝罪」という特殊工作も重要任務の一つであるのだから・・・



さて重要なミッションも終了し、緊張も解けふと時計をみると昼の12時ではないか。

秩父といえば「そば」

食べログを見るでもなく、ロードサイドの看板を頼りに(改めてロードサイド看板の重要性を認識)「わへいそば」へ。



くるみ汁そばに桜えびのかき揚げ付きをオーダー。



いい艶ですねー



かき揚げは「サクサク」「エビ、プリプリ」
美味しいーーーー


調べてみると、、秩父・長瀞でそばランキング第3位の名店でした。

運をも味方に付けた我々。

9月の全体会議は必ずや成功することでしょう。

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP